人気ブログランキング |

豊かな住空間 Space Design

sdnomura.exblog.jp
ブログトップ
2008年 04月 03日

モモ

梅が咲き桜には まだ早い時期に桃はその間を縫うように
咲いています。

桃はもと中国産で古く日本に渡来し、花色は淡紅色の桃色
であるが品種によって桃色も白色もある。
中国の古代の民族思想には、この桃に邪気をはらう性が
あるとして三月の節句の桃酒や桃の花をかざる風習もここ
からきている。

桃の花は古事記や万葉集にもうたわれています。

    大伴の家持の作
      ”春の苑くれなゐにほふ桃の花下照る道に出で立つ乙女”

モモ_c0121993_19184065.jpg






設計事務所【SD】のホームページ

# by sd_spacedesign | 2008-04-03 11:55 | 自然
2008年 04月 03日

モモ

モモ_c0121993_11313265.jpg
近所に所々 桃の木が植えられています。鮮やかな桃色
にさそわれて車をとめ、花のすぐそばまで顔をよせて花に
見入っていると農装束の婦人が畑にはいってきました。
この畑の持ち主でした。“こんにちは”と、あいさつすると
笑顔が返ってきました。
なれた物腰で木の手入れをされているようでした。

お話をしている内に、”この桃の木は35年くらいたっており
ゴト虫というきくい虫が幹に入っているので何れは枯れていまう。
私も同じで最近身体が言う事をきかない。”と、おっしやいました
ので、
(凛とした感じのご婦人で、やさしさがあふれていました。
年を重ねたらこのような顔のなりたいな!と、思いました。)
”ところで、もうおいくつなんですか。
”79才になりました。”
”来年は、80才でおめでたいですね!。

そんな、やりとりをしながら帰り際に桃の枝を2本ハサミで
切って下さり、うれしいおみやげを頂いてきました。




設計事務所【SD】のホームページ

# by sd_spacedesign | 2008-04-03 11:32 | 自然
2008年 04月 02日

モクレン

ぼくとつな枝に大きな花をつけているモクレンをみると、
いかにも春という感じがします。
花の形が蓮に似ているというので、木蓮、蘭に似ているので
木蘭とも言います。

中国産で古く日本に渡来し、庭木として植えられている落葉
の高木です。花は六弁花で外は暗紫色で、内は淡紫色です。
中国では、元来モクレンはシモクレンを言いハクモクレンとは
区別しています。
ハクモクレンは玉蘭の字をあてていますが、同じ種類のもので
花色だけが違っています。

モクレンは、大きな花を開き花の姿は豊麗な感じがします。


     虚子の作
        ”大空に木蓮の花のゆらぐかな”

モクレン_c0121993_1615432.jpg







設計事務所【SD】のホームページ

# by sd_spacedesign | 2008-04-02 16:02 | 自然
2008年 04月 01日

庭先で

庭先で_c0121993_20234034.jpg


早朝に我が家の庭先で雀が数羽 飛来し何やらついばんで
いました。
そのすぐ横で、クロッカスの花がいっぱい花をつけています。
蕾みがおおきくなって、そろそろかな!と、思ったやさきに
気がついたら花をいっぱいつけている様子に植物の生命力の
強さを改めて感じました。

冬の花として椿の花は、花の少ない時候に私たちの
目を楽しませてくれます。
つややかな幹、そしてこい緑葉のあいだから花がさいて
います。なにくわぬ顔をして、ポタリと花弁が落ちるさまは、
春の”響音”と、言うべでしょうか!

    芭蕉の作
     ”落ざまに水こぼしけり花椿”

庭先で_c0121993_2024612.jpg







設計事務所【SD】のホームページ

# by sd_spacedesign | 2008-04-01 20:06 | 自然
2008年 03月 31日

久居にでかけました

昨日は、家内と一緒に三重の久居に出かけました。
桜の花は、まだ早く蕾みでしたが梅は満開でした。
梅の花は百花にさきがけて咲き、春の到来をつげます。

  中国の詩人李白は、
    ”きくならく春還ると 未だ相識らず 
         走って寒梅にそうて 消息を訪う”
   と、歌っています。

今日は暖かい日となりましたが、寒い季節に咲く梅の花には、
清楚で気品さえ感じます。
紅白の一重咲きで、幹や枝振りにおいても野趣味があります。
日本の温暖多湿の風土にも適し、よく育ち美しく咲いています。

私は、岐阜の出身ですが、金華山のふもとに”梅林公園”が
あります。小さい時から、家族で公園の梅の花をみるのが
恒例となっていました。何か、この時期がくると寒さのなかに
”ときめき”を感じてきました。
それは、春の訪れを感じとっていたのかも知れません。

そんなことを思いながら、久しぶりに家内と一緒にすごしました。

久居にでかけました_c0121993_2361280.jpg






設計事務所【SD】のホームページ

# by sd_spacedesign | 2008-03-31 23:01 | 自然