豊かな住空間 Space Design

sdnomura.exblog.jp
ブログトップ
2008年 04月 05日

レンギョウ

早春葉に先立って開花し黄色四弁の美しい花を
枯木のような枝に無数につけて、花明かりをつくる
連翹のはなは、春の風物詩である。

連翹はもと中国産で、日本へは朝鮮をへて渡来した
ようで薬用として用いられていたが現在は、花木として
栽培されている。
枝条が直上する種類と枝条がはう種類があり、前者は
花木とされ、後者は壁などに はわせ棚づくりにします。

月夜にうつる連翹は、何か幻想的である。

    保吉の作
      ”連翹に水のやうなる月夜かな”

c0121993_10284595.jpg




設計事務所【SD】のホームページ
[PR]

by sd_spacedesign | 2008-04-05 10:29 | 自然


<< ユキヤナギ      サクラ >>