人気ブログランキング | 話題のタグを見る

豊かな住空間 Space Design

sdnomura.exblog.jp
ブログトップ
2009年 10月 30日

ツバキ

ツバキ_c0121993_0105978.jpg




ツバキ_c0121993_0113874.jpg茶花(ちゃばな)とは茶の湯の席でいけられる花のことですが初冬から新春にかけての
茶花としては椿を お茶会で茶席の床の間に飾ります。
茶花の基本は、季節の花を自然のままにいけること、です。
茶道でも大変珍重されており、冬場の炉の季節は茶席が椿一色となることから「茶花の女王」の
異名を持っています。
特に、椿は「炉の花は椿」といわれるくらい多用されています。

ツバキの花は古来から日本人に愛され京都の龍安寺には、室町時代のツバキが残っています。
江戸時代には江戸の将軍や肥後、加賀などの大名、京都の公家などが園芸を好んだことから
庶民の間でも大いに流行したくさんの品種が作られた。




設計事務所【SD】のホームページ

by sd_spacedesign | 2009-10-30 14:22 | 自然


<< トキワサンザシ      実りの秋 >>