人気ブログランキング | 話題のタグを見る

豊かな住空間 Space Design

sdnomura.exblog.jp
ブログトップ
2009年 03月 03日

ジンチョウゲ(沈丁花)

ジンチョウゲ(沈丁花)_c0121993_1530507.jpg
ジンチョウゲ(沈丁花)_c0121993_1531436.jpg




















ジンチョウゲ(沈丁花)_c0121993_15312484.jpg
ジンチョウゲののあの香りは春の匂いで誰もが春を感じさせる。
名前の由来は沈香と丁香との二つの香りを合わせたような香気を発するところからきている。
漢名は瑞香である。

中国南部が原産地で日本では室町時代頃には、既に栽培されていた。
挿し木で増やし赤く丸い果実をつけるが日本に歩きは、殆んどが雄株である。
花の煎じ汁は口内炎や歯痛などの民間薬として使われているが、有毒なので注意が
必要である。

花は三月ころ開いて春を感じさせる香気を放つが、花や葉にダフネチンという色素を
含んでいるからである。特に夜や湿気の多い時によく匂い、その神秘的とも言える香りは
人の心をとらえる。



    若山牧水
       ”沈丁花 いまだは咲かぬ 葉がくれの くれなゐ蕾(つぼみ) 匂ひこぼるる”








設計事務所【SD】のホームページ

by sd_spacedesign | 2009-03-03 08:18 | 自然


<< スイセン(水仙)      WOOD AC 住まいの環境ゼミ >>