豊かな住空間 Space Design

sdnomura.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2009年 12月 29日

鉄道

c0121993_12165334.jpgc0121993_12221369.jpg



















お隣のご主人は以前、”鉄道模型の製作が趣味で部屋に模型をいっぱい広げてやっています。”
と、おっしゃっていました。、今日は久しぶりに”模型の写真を撮らせて下さい。”と、言ったところ快くOKして頂きました。2階の部屋に案内され部屋の半分くらいを占領した台の上に鉄道の線路が設えられていました。

ご主人が”列車を走らせましょうか”と、スィツチを入れると列車がスーと走り出しました。
スピードも自由に設定できる様になっており、走行が速くなると列車の走る音も大きくなります。
なかなか力強い走りに感心しました。
列車が走りだすと、ご主人の顔もにこやかになり、趣味の世界に没入されて幸せに溢れた表情になっていました。列車の走りを追いかけながらカメラのファインダーを忙しく覗いて撮影しました。

今年は世界の同時不況で大変な一年でした。
失業者があふれ、大変不安な社会になり来年はどんな年になるのか。政権が代わり”チェンジ”を掲げてスタートして100日経ちましたが問題が山積しています。
経済対策に対しても、次々と切れ目なく手を打たないと経済が立ち直れないと思います。
迅速に手を打って社会不安を少しでもなくして頂きたいものである。






設計事務所【SD】のホームページ
[PR]

by sd_spacedesign | 2009-12-29 15:06 | 暮らし
2009年 12月 26日

ゼラニューム(天竺葵)

c0121993_15471817.jpg




c0121993_15473695.jpg
学名Pelargonium(ペラルゴニューム)は実の形がこのくちばしに似ていることから
ギリシャ語の”pelargos(コウノトリ)”が語源でテンジクアオイ属の風露草(ふうろそう)科。
別名、天竺葵(てんじくあおい)と言われています。

南アフリカの喜望峰が原産地で江戸時代にオランダから渡来し、
ハーブの一種である。花はさまざまな色合いで咲きます。
寒い冬でも気温が10度くらいあれば咲き1年を通じて咲き続けます。

花、葉、茎ともに、芳香療法や化粧品に利用されジャムやドリンクの
風味づけ入浴剤などにも使われる。

ゼラニュームには
ローズゼラニウム
アップルゼラニューム
もみじ葉ゼラニューム  etc
たくさんの種類があり、さまざまな表情の花が咲き目を楽しませてくれます。




設計事務所【SD】のホームページ
[PR]

by sd_spacedesign | 2009-12-26 15:47 | 自然
2009年 12月 23日

オモト(万年青)

c0121993_18486.jpg オモトは常緑の多年生草本で百合(ゆり)科。
本州南部から中国にかけての暖地に分布し原産地は日本とも中国ともいわれている。
江戸時代にたくさん栽培され現在は約1000品種もある。

本来は長楕円形の幅広い深緑の葉をつけるが、葉の型変わりや斑入りなどを選別して
栽培することが古くから行われ多くの品種がある。
それらを万年青(読みはおもと)とよんで古典園芸植物では重要なもののひとつである。

葉は革質で光沢があり、 耐寒性で冬でも枯れずにいつも青々としている。
多くの品種は葉は小さめで葉質は厚く葉の形や質は ほぼ原種のままで、斑入りが入る
ものを大葉系という。

伸び伸びした葉姿と大柄な柄を楽しめるが品種は多くない。
葉には多くの細かいしわが、より表情豊かな質感を見せてくれる。
また、斑入りも細かい斑が入り組んだようなものが多く、中にはすっきりとした明確なものも
あり微妙な味わいを楽しむことができる。
5~6月頃 白い小花が咲き秋に橙色の実がなり、とてもきれいである。




設計事務所【SD】のホームページ
[PR]

by sd_spacedesign | 2009-12-23 17:58 | 自然
2009年 12月 21日

メキシカンブッシュセージ

c0121993_14423776.jpgc0121993_14425155.jpg

















メキシカンブッシュセージは夏~秋にかけて赤紫色でビロードのような花を咲かせます。
赤紫色の萼から白や、咲かせるシソ科サルビア属の半耐寒性宿根草(ハーブ)です。
紫の花のように見えているものは萼片で、その先についている白や淡桃、赤紫の小さなものが花です。

赤紫のがくから白い花がつく種と薄桃色、赤紫色の花が咲くものがあり、宿根サルビアの仲間で
アメジストセージやサルビ・アレウカンサとも呼ばれます。
赤紫の萼から赤紫色の小花を咲かせるものを「パープルメキシカンブッシュ」と呼び区別することもあります。
葉は灰緑色で、細長く、葉脈が目立ちます。
食用には適さず、観賞用のほかポプリやドライフラワーとして用いられます。

大株になるうえ、鮮やかな花をつけるので秋の花壇の主役として利用できます。
また、とても丈夫で暑さに強く暖地では庭植えができ栽培する人が増え見かける機会が多くなりました。
株は大きく広がり、摘芯をしないと背丈ほどに伸びます。

メキシコ原産だけあって乾燥した水捌けの良い土地と直射日光を好みます。
耐寒性はあまり強くないようですが、暖地では露地で越冬できます。
冬の前に地上部が枯れたような状態になりますが、地ぎわに新芽が出ています。




設計事務所【SD】のホームページ
[PR]

by sd_spacedesign | 2009-12-21 14:33 | 自然
2009年 12月 19日

初雪

c0121993_11555564.jpgc0121993_11561878.jpg
















c0121993_11563694.jpg




早朝、目を覚ますと窓越しに雪が降っていました。
雪の粉がサッサッと、降る様に冬が来たことを実感しました。
雪の降る様に何か、心躍るものを感じます。
それは子供のころ、雪に戯れた懐かしい思い出が心の片隅にあるのでしょう。

樫の木を見上げると葉に雪が被り、雀がチチ,チチと鳴いていました。
雪景色は見慣れた風景の色彩をけして白一色に変えてしまいます。 






設計事務所【SD】のホームページ




c0121993_11571186.jpgc0121993_11572812.jpg
[PR]

by sd_spacedesign | 2009-12-19 11:03 | 自然
2009年 12月 05日

初冬

c0121993_126854.jpgc0121993_1263363.jpg




















蔦の葉が風化したコンクリートの地の色とコントラストをなして、よく映えています。
道路の傍らで群生しているススキは行きかう車のドライバーに向かって、”運転、お疲れ様。”と、手招きしている様です。






設計事務所【SD】のホームページ



c0121993_1265684.jpgc0121993_127519.jpg
[PR]

by sd_spacedesign | 2009-12-05 11:52 | 自然