豊かな住空間 Space Design

sdnomura.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2009年 10月 30日

ツバキ

c0121993_0105978.jpg




c0121993_0113874.jpg茶花(ちゃばな)とは茶の湯の席でいけられる花のことですが初冬から新春にかけての
茶花としては椿を お茶会で茶席の床の間に飾ります。
茶花の基本は、季節の花を自然のままにいけること、です。
茶道でも大変珍重されており、冬場の炉の季節は茶席が椿一色となることから「茶花の女王」の
異名を持っています。
特に、椿は「炉の花は椿」といわれるくらい多用されています。

ツバキの花は古来から日本人に愛され京都の龍安寺には、室町時代のツバキが残っています。
江戸時代には江戸の将軍や肥後、加賀などの大名、京都の公家などが園芸を好んだことから
庶民の間でも大いに流行したくさんの品種が作られた。




設計事務所【SD】のホームページ
[PR]

by sd_spacedesign | 2009-10-30 14:22 | 自然
2009年 10月 27日

実りの秋

c0121993_0887.jpg





c0121993_082518.jpg秋はまさに”実りの秋”木々に沢山の実をつけて枝もたわわに実り豊かな秋である。
自然は確実に四季をきざんでいる。











設計事務所【SD】のホームページ






c0121993_084859.jpg
[PR]

by sd_spacedesign | 2009-10-27 14:13 | 自然
2009年 10月 20日

薔薇

c0121993_20523641.jpg





c0121993_2053394.jpg



c0121993_20532157.jpg薔薇の濃厚な花の香りがつたわってきます。
さまざまな色合いの薔薇が、個性ゆたかに花をつけています。
深紅の薔薇を見つめていると不思議な想いに駆られます。
花びらの一枚いちまいが織りなす花の豊かな表情。
花のいのちの不思議なちから。
そして、枯れてゆく時の流れ。

身の周りに咲いていた花が、枯れてゆくこの季節。
花の風景がグレーのグラディションに移っています。
人の心も呼応してもの寂しく感じるものでしょうか。




設計事務所【SD】のホームページ
[PR]

by sd_spacedesign | 2009-10-20 20:37 | 自然
2009年 10月 08日

キンモクセイ

c0121993_21275183.jpg




c0121993_2128890.jpg小牧から岐阜に向かおうと155号線を走っているとキンモクセイの街路樹が目に入ってきました。
黄金色に輝くキンモクセイの無数の小さな花がびっしりとついています。
何か心地よいじゅうたんのような風情です。

黄金色は見るひとの心を豊かなものにしてくれます。
秋にはぴったりな街路樹だと思います。
そういえば、銀杏の並木もこの時期ならではの表情を見せています。



設計事務所【SD】のホームページ
[PR]

by sd_spacedesign | 2009-10-08 12:15 | 自然
2009年 10月 04日

もの思いに耽るマット

c0121993_21345945.jpg


マットが塀の上で秋空のもと、何かもの思いに耽っている様に感じました。
首元に透けた丸いおしゃれなものをまとい空を見上げていると、それはまるで哲人のような
風情です。





設計事務所【SD】のホームページ
[PR]

by sd_spacedesign | 2009-10-04 17:50 | 自然