豊かな住空間 Space Design

sdnomura.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2009年 08月 27日

恵みの水

c0121993_2253616.jpg



うだる様な暑い夏からc0121993_22532190.jpg木陰に入ると涼しい風が感じられる候になりました。
小川の水面から湧き上がる噴水が涼やかです。
水面に目を凝らすと鯉がゆっくり泳いでいます。









設計事務所【SD】のホームページ










c0121993_22533841.jpg

[PR]

by sd_spacedesign | 2009-08-27 10:32 | 自然
2009年 08月 22日

花と蝶

c0121993_1111665.jpg



暑い日中、公園の中はc0121993_11112380.jpg強い日差しも遮られ蝶が軽やかに舞っていました。
ムッとうだる様な夏の午後。
花から花に乱舞する蝶のブルーの羽根に涼しさを感じます。






設計事務所【SD】のホームページ
[PR]

by sd_spacedesign | 2009-08-22 11:41 | 自然
2009年 08月 17日

ニラ(韮)

c0121993_12433149.jpg


ニラはユリ科ネギ属の多年生草本で、ニンニク、ネギ、ラッキョウc0121993_1244591.jpg
などと同じ仲間です。
全草に独特の匂いがあり、匂いの原因物質は硫化アリル(アリシン)
などの硫黄化合物である。
夏には葉の間から30~40cmほどの花茎を伸ばし8月から10月頃が
花期で半球形の散形花序で白い小さな花を20から40くらいたくさんの
花をつけ株分けまたは種によって増やします。

中華料理にニラレバーがあるが、私は疲れたときによく注文する。
黄ニラは、ニラの芽が出る前の根株に覆いを被せて光を制限する
ことで軟白化させた中華料理の食材でニラ特有の臭いがなく甘み
が有ります。
花ニラは、ニラの花茎と若い蕾を食べる中華料理の食材で専用の
品種が栽培されている。

中国西部が原産で日本では本州から九州まで野生のニラが見られ
本来、自生していたのか、古代に伝来してきたニラが野生化したものか
明確ではありません。

”古事記”では加美良(かみら)
”万葉集”では久々美良(くくみら)
”正倉院文書”には彌良(みら)
として記載があります。
このように、古代においては「みら」と呼ばれていたが院政期頃から
「にら」が出現し、「みら」にかわり現在に至っています。
なお、英名ではチャイニーズ・リーキとも言います。 

9世紀に入ると既に栽培されていたようですが、最初は薬用とし
粥に混ぜて利用したと言われています。
江戸時代に宮崎安貞は農業全書の中で、ニラは昔から有名な作物で
人々から賞味されていると書いています。
これは陽起草とも言って、人の栄養を助け身体を温める性質の良い
野菜であるとも述べています。
また、「韮崎」「韮山」など各地に地名として残っていることから、古くから
人々に親しまれてきたようです。



 設計事務所【SD】のホームページ
[PR]

by sd_spacedesign | 2009-08-17 18:26 | 自然
2009年 08月 13日

シモツケ(下野)

c0121993_12482364.jpg




c0121993_12484331.jpgシモツケ(下野)はバラ科シモツケ属の落葉低木でキシモツケ
(木下野)とも呼ばれている。
初夏にピンクまたは白色の五弁の小さな集合花を咲かせ、
秋から冬にかけての紅葉も、目立たないけれど
きれいです。
和名は下野国栃木県)に産したことに由来するといわれ、古くから
和風の趣を持った庭木として植えられ親しまれてきた。
平安時代には シモツケの名はすでに一般的だった様です。
同じシモツケ属の仲間にはコデマリ、ユキヤナギがある

成木の樹高は1mほどであり初秋頃に再び少しだけ咲くこともある。
北海道から九州にかけての日本各地、朝鮮および中国の山野に
自生する。
花似た名前の花に、シモツケソウ(下野草)がありますが、こちらは
草本で葉が紅葉のような掌状をしています。



設計事務所【SD】のホームページ
[PR]

by sd_spacedesign | 2009-08-13 17:10 | 自然
2009年 08月 08日

ランタナ

c0121993_305559.jpgc0121993_312274.jpg




















c0121993_3103325.jpg
同じ茎から微妙に違った色の花を咲かせ、
何か宝石箱を見ているような不思議な花
です。
まさに色の”七変化”です。
また、実も、緑から青から黒、と変化します。




設計事務所【SD】のホームページ
[PR]

by sd_spacedesign | 2009-08-08 08:15 | 自然