豊かな住空間 Space Design

sdnomura.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2009年 06月 29日

グレース

c0121993_22372728.jpg我が家に子猫がきました。今月の15日に家のまわりに子猫の声がしていました。
声はとても大きく悲しげに親を呼ぶ戻そうとしているように声を張り上げて鳴いていました。
16日の夕方、親は来ないようでしたので猫の様子を伺おうと声の鳴く方に近ずこうとするのですが
姿が見えません。たいへん警戒心が強くいるなと思って近ずくと俊敏に何処かに姿を隠します。
お腹が空いているのではいるのではと思い、まずはミルクを与えることにしました。外の収納箱の
下の小さいスペースで鳴き声がするので、そーと覗いて見ると子猫がいました。
そこで、1歳以下の子猫に与える餌を早速 購入し与えました。軟らかそうなマグロの身を加工した
もので美味しそうでした。子猫の前に餌を置き、離れて様子を伺っていると、子猫がさっと餌の前に
出てくるとガブガブっと食べてさっと逃げ去って行きました。
その早いこと、あっけにとらわれていると、もう姿はありません。
その夜は、子猫の声はするのですが、探しても見つかりませんでした。
これが、子猫の姿を初めて見た瞬間でしたが白にグレーが混じり細い身振りでしたが俊敏で
凛々しい感じがしました。
餌を食べて逃げさる瞬間、こちらを振り向きましたが可愛い顔をしていました。

その夜、Gray Grace 
”Grace”が似合うかな!

あくる朝、5時頃 息子の周平が私の部屋に”猫の声で眠れない”といって入ってきました。
何事かと思い眠い目を凝らすと子猫を抱えているではありませんか。

Graceとの生活が始まりました。





設計事務所【SD】のホームページ
[PR]

by sd_spacedesign | 2009-06-29 18:49 | 暮らし
2009年 06月 21日

サントリナ

c0121993_22304984.jpg





c0121993_22311213.jpg深く切れ込んだ鋸歯状の茎葉の形がラベンダーに似ているところから”コットンラベンダー”
とも呼ばれています。
実際はラベンダーとは全く別の植物でハーブのサントリナはキク科サントリナ属の常緑小低木
です。
茎葉にカレー粉のような芳香のあり料理の香りづけに使います。キクに似た香りがし防虫効果が
あることがわかっているので乾燥させて衣類の天然防虫剤などに利用し、花はドライフラワーに
できます。
初夏から秋にかけて球形の黄色い花を咲かせます。

原産地は地中海沿岸で全草が香り高く、何百年も昔から地中海地方では、空気をさわやかにする
ハーブとして使われてきました。16世紀、フランスからイギリスに渡りイギリスではポピュラーな
ノットガーデンを造りだしました。







設計事務所【SD】のホームページ
[PR]

by sd_spacedesign | 2009-06-21 19:11 | 自然
2009年 06月 18日

ドクダミ

c0121993_12141637.jpgc0121993_121417.jpg


















幼少の頃、母方の祖母にドクダミの生葉のすり潰したものを湿疹の患部に貼り付けてもらい良くなったことがありました。
今では、祖母も母も亡くし随分むかしのことであるが懐かしく思い出されました。
私の小さい頃は生活の知恵で代々祖母から母へそして、娘というように生活に欠かすことが出来ない知恵を代々語りついで来たように思います。
なかには迷信のようなものもあったかも知れませんが現代社会に失われた掛け替えのないものではなかったでしょうか。

ドクダミは、この時期になると事務所の日当たりの良くない裏にいっぱい生えています。
そして、ある特有の臭気があります。宿根草で茎頂に、4枚の白色の総苞(花弁に見える部分)のある棒状の花序に淡黄色の小花を密生させます。
本来の花には花弁もがくもなく、雌しべと雄しべのみからなる。

母方の実家は岐阜県の板取村(現在は、関市板取)で、私が小学校の頃は毎年夏休みに実家で暮らしました。
自然豊かな田舎で自然児にかえり川や山の生活で真っ黒になってかえってきました。実家では野菜、米、
そして醤油や味噌と生活に必要なものは全て作っていました。
醤油も風味があり味噌も本当においしかった。今から思うと贅沢な暮らしであったと逆に感じることが
あります。
ホクホクした自家製のジャガイモを炭火で焼いて醤油かけて食べると本当においしい。
また、ドクダミの天婦羅も食べた記憶があります。

ドクダミでジュースや化粧水、ワインも出来るようですので一度挑戦しようと思っています。




設計事務所【SD】のホームページ
[PR]

by sd_spacedesign | 2009-06-18 12:08 | 自然
2009年 06月 16日

トケイソウ(時計草)

c0121993_2315531.jpg


花の形が何か時計の文字盤によく似ているところから、トケイソウと呼ばれています。
3つに分裂した雌しべが時計の長針、短針、秒針のように見える特徴のある花を
咲かせる。
初めて見たときには、こんな花があるものだ。と、不思議な想いにかられました。

花を観賞する品種の他ほかに果実用の品種もあり種の数は約500、栽培品種はそれらが
掛け合わされてできるため更に数が多くなります。
栽培品種には驚くべき数のさまざまな色、形のトケイソウが存在します。
中央アメリカや南アメリカの熱帯・亜熱帯域が原産地だが、世界中で観賞用に広く栽培されています。

つる植物で、庭先などに植えられ挿し芽することで増やすことができる。
非常に成長力が強く、ツルがどんどん伸びて行きます。




設計事務所【SD】のホームページ
[PR]

by sd_spacedesign | 2009-06-16 08:13 | 自然
2009年 06月 08日

東京に出かけました

c0121993_23101178.jpgc0121993_23102381.jpg



















7日の日曜日、東京に出かけたおり浅草に寄りました。c0121993_230340.jpg

雷門の出店は人で溢れていました。ジリジリと照りつける日中の最中
人、ひと、ひとで何か時代劇にでも出てくる、そのひとこまにいるかの様な錯覚に
陥りました。人が集まりむせ返るような雰囲気の中に得体の知れないとてつもない
エネルギーを感じます。

屋根を支える小屋組みの美しさ。
職人の技に裏打ちされた軒を支える組み物。
大きくせり出した想い屋根を幾重にも重ねられた垂木が受けている。
その垂木を組み物がしっかりと受けとめている。

料亭の玄関までのアプローチを撮りました。




設計事務所【SD】のホームページ




c0121993_2302717.jpg




















c0121993_2304716.jpgc0121993_230579.jpg
[PR]

by sd_spacedesign | 2009-06-08 08:05 | 暮らし
2009年 06月 04日

キンシバイ(金糸梅)

c0121993_22561288.jpgc0121993_22562517.jpg

















黄色の花の形が良く雄しべが金の糸のようであり、梅に似ていることから名前の由来がある。
江戸時代の宝暦10年(1760年)に渡来したといわれ中国原産である。

株立ちの上に枝が出て、ゆるやかに枝が垂れ葉は対生で長い楕円形である。
初夏、枝先には濃い黄色の五弁の花を次から次に咲かせる。
高知市の高知城周辺の路側帯の植え込みに植えられている。
花をつけると見事な景観をつくる。

耐寒性には強く、東北地方の南部位まで庭木や地覆い用の植え込みとして
植えられている。






設計事務所【SD】のホームページ
[PR]

by sd_spacedesign | 2009-06-04 11:51 | 自然