豊かな住空間 Space Design

sdnomura.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2008年 08月 25日

晩夏の花

c0121993_9343593.jpg





c0121993_93598.jpg
夏も過ぎ、蝉が庭であれほど喧しく鳴いていたのが
夢のようです。
秋を感じさせる庭にひっそりと咲いています。



















c0121993_9353652.jpg
c0121993_9354949.jpg





















設計事務所【SD】のホームページ
[PR]

by sd_spacedesign | 2008-08-25 14:51 | 自然
2008年 08月 20日

夏の花

c0121993_6194552.jpgc0121993_6195722.jpg





















お盆が過ぎ朝晩の風が爽やかになってきました。
つい先日まで、あれほどの暑さがうそのようです。
昼間の太陽の日差しも少しやわらぎ秋を思わせる候になりました。

町並みのなかに、そっと咲いている夏の花を撮りました。




c0121993_6201659.jpgc0121993_6202723.jpg


















設計事務所【SD】のホームページ
[PR]

by sd_spacedesign | 2008-08-20 09:14 | 自然
2008年 08月 14日

ハマナス(浜茄子)

ハマナスは海岸の砂地の浜に自生し、ナシに似た形の実をつけることから
ついた名で北国のなまり”シ”が”ス”になまったものと言われている。
日本では北海道に多く、南は茨城県、島根県まで分布している。

英語名はJapanese Roseで花も実も美しく、バラ科の低木で多くの枝を
分けて茂り枝には大小の立ったトゲが密生している。
花は5弁で紫紅色(まれに白花)を呈しきわめて美しく、芳香がある。


    石川啄木 作
     ”潮かをるきたの浜辺の砂山のかの浜薔薇よ今年も咲けるや”





設計事務所【SD】のホームページ
[PR]

by sd_spacedesign | 2008-08-14 10:29 | 自然
2008年 08月 08日

アサガオ(朝顔)

c0121993_1482152.jpg
うだる様な暑い夏に、朝方のまだヒンヤリとしたころ 爽やかな花色で咲いて
いるアサガオの花に何とも言えない一時の清涼感を感じる。

”朝顔”は別名”牽牛”と言われ種が大変高価で珍重されていた。
朝顔を贈られた者は、牛を引いてお礼をしたと、言う言い伝えがある。
百薬の長として非常に珍重され、日本には奈良時代末期に遣唐使がその種を
薬として持ち帰ったものが初めとされている」。 
奈良時代、平安時代には漢名で牽牛子(けんごし)と呼ばれ”薬用植物”として
扱われた。アサガオの種の芽になる部分には下剤の作用となる成分がたくさん
含まれている。

江戸時代には七夕の頃に咲くアサガオの花は,牽牛にちなみ”牽牛花”と呼ばれ
ていた。それが転じて、織姫をさして”朝顔姫”と呼ぶようになった。
花が咲いた朝顔は”彦星”と”織姫星”は、年に一度会えたことの具象化として
縁起のよい夏の風物詩となった。

この時代に品種改良が大きく進み観賞用植物になり木版の図譜類が多数出版
された。八重咲きや反り返ったり、細かく切れたり本来の花型から様々に変化
したものが生まれた。これを現在では”変化朝顔”と称しているが江戸、上方を
問わず大流行した。
c0121993_1483437.jpg
明治時代以降も変化朝顔は発展して、”東京朝顔会”などの愛好会が生まれた。
この頃になると多様性よりも花型の洗練さの方が追求され、対象となる花型がも
しぼられるようになり当時の名花がエッチングや写真として残されている。

やがて花型の変化ではなく花径の大きさを追求する”大輪朝顔”に発展する。
通常の朝顔は曜と呼ばれる花弁が互いに融合した漏斗状の形をしている。
曜の数は通常5枚であるが、”大輪朝顔”では6~9枚程度に増える”州浜性”という
肥後朝顔にも見られる変化の現れた品種が導入された。
選別や他の系統との交配により次第に発展し”黄蝉葉系”が”盆養(切り込み)作り” 
”数咲き作り”として、”青蝉葉系”は成長が早いため”行灯(あんどん)作り”という仕立て
方で本式に咲かせた。

切り込み作りは、茎を切り込んで脇芽をだし、背丈の低い引き締めた形、まるで盆栽
のように作る方法で、名古屋式が有名である。また、それを更に容易な栽培方法にした
切り込み作りもよく見られる。


    加賀千代女 作
     ”朝顔に つるべとられて もらい水”






設計事務所【SD】のホームページ
[PR]

by sd_spacedesign | 2008-08-08 14:16 | 自然
2008年 08月 05日

ヒマワリ(向日葵)

c0121993_167937.jpg



c0121993_1675577.jpg
ヒマワリの和名は、太陽の動きに追随して花が動くことから
向日葵という名がついている。生長の盛んな若い時期に茎の
上部の葉は朝には東を向いていたのが夕方には西を向く状態が
蕾がつく頃まで続き、蕾が大きくなり花が開くころには生長がとまり
動かなくなる。
これは茎頂に一つだけ花を付ける品種でまわりが遮るものがなく
日光を受けることができる状態の場合であるが、それにしても
不思議な感じがする。

モーツアルトの心地よい音楽を植物に聞かせると、よく生長し収穫
が多くなるとか、牛に音楽を聞かせると お乳のでが良くなる。
また、お酒の醸造に音楽を流したりする酒蔵があるとか。
生命のあるものには心地よい状態を感じ取る力があり、自ずと
生命が一番よい状態をつくりだすのだろう。



設計事務所【SD】のホームページ
[PR]

by sd_spacedesign | 2008-08-05 16:24 | 自然