豊かな住空間 Space Design

sdnomura.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2008年 07月 30日

夏の花

c0121993_5395010.jpg
c0121993_8445116.jpg




c0121993_5402158.jpg
炎天下に しぼむ気配もなく咲く花の生命力に感動します。



















c0121993_5405230.jpgc0121993_541569.jpg





















設計事務所【SD】のホームページ
[PR]

by sd_spacedesign | 2008-07-30 15:45 | 自然
2008年 07月 24日

キョウチクトウ(夾竹桃)

c0121993_5333354.jpg



c0121993_534746.jpgキョウチクトウは葉が竹に似ていること、花が桃に似ている
ことからこの名ついた。

インド原産で、どんな烈日の下でも なえしぼむ気色もなく
次から次と咲き続けるこの花は、いかにも夏の花である。
乾燥や大気汚染にも強いため街路樹などに用いられている。
日本には中国をへて江戸時代中期に渡来したといわれている。

名古屋市内の広い道路に植えられ、真っ赤な花は夏の景色に
よくあっている。
キョウチクトウは優れた園芸植物であるが、毒性が強く取り扱い
には注意が必要である。
オレアンドリンという成分が含まれ植物毒のなかでは最も強力な
毒性があり青酸カリを上回ほどである。







c0121993_5344296.jpgギリシァのアレクサンドロス3世がインド遠征の折、追従した
セレウコス1世 率いる軍の一小隊30人程がキョウチクトウを
串焼肉の串として用いたところ中毒症で全滅している。


    川田 順 作
     ”夾竹桃くれなゐ深し熱風のちまたを人の群れつつ行くも”





設計事務所【SD】のホームページ
[PR]

by sd_spacedesign | 2008-07-24 14:22 | 自然
2008年 07月 22日

サルスベリ(百日紅)

c0121993_557479.jpg





c0121993_601868.jpg
サルスベリは夏の花で、ヒャクジツコウ(百日紅)とも呼ばれ
盛夏をものともせず咲くこの花に親しみを感じる。

長い夏を咲き続けることから、この名が付けられている。それは
一度咲いた枝先から再度、芽がでて花をつけるため咲き続けて
いるように見えるためです。

また、一名”猿滑り”とも言われています。幹が成長するに従って
肥大するため古い樹皮のコルク層が剥がれて落ち、新しい樹皮が


現れ更新してゆきます。新しい樹皮はすべすべした感触で”猿が
上ろうとしても上れない”ためこの名がついています。

サルスベリは中国南部が原産地で紫微(宮廷)によく植えられたので
紫薇と呼ばれていました。
中国の伝説で、恋人と百日後にあうことを約束した乙女が百日目の
直前に亡くなり、その日の後に咲いたという物語がある。


c0121993_5581744.jpg

    加賀千代女 作
     ”散れば咲き 散れば咲きして 百日紅”

















設計事務所【SD】のホームページ
[PR]

by sd_spacedesign | 2008-07-22 11:22 | 自然
2008年 07月 18日

ブッソウゲ(仏桑華)

c0121993_6345027.jpg
ブッソウゲの名は漢名扶桑花からきているが、フヨウの仲間で
ヒビスクス(ハイビスカス)属には250種の植物があると言われ
ている。

ハイビスカスは、一般的にブッソウゲをさすことが多い。
ハワイの州花にもなっており、ハワイではこの花のレイを首に
かけてくれる。

ブッソウゲは原産地が中国南部の説やインド洋諸島で発生した
雑種植物であるとの説もあり、日本には慶長18年(1613年)に
薩摩藩主島津家より徳川家康に献じられたことが”博物全書”に
記されている。

沖縄では”アカバナー”と呼ばれ古くから親しまれ常に人とともに
あった花でブッソウゲは、古い時代に渡来したようです。
よく茂り花が絶えないことから生垣に利用されてきました。
また、”グソーバナ”(後生花、来世、あの世の花の意味)とも呼ばれ
墓地に植栽され、墓前・仏壇に供える花として用いられてきました。

c0121993_6351018.jpg
”ハイビスカスティー”と言う一種のハーブティが市販されています。
これはパッケージにブッソウゲかハワイアンハイビスカスに見える花が
描かれています。しかし、実際にはロゼール(ロゼリンソウ)と言う植物
が利用されています。
黄色の小さな花を咲かせ、真っ赤に色付く茎やガクが印象的で、切花
として用いられることもある。茎からは繊維が採取され、多肉質のガク
からは酒やジャム、ハーブティがつくられています。


   
    岡麓 作
     ”仏桑花柄長の花のゆれゆれて夏の一日は夕さりにけり”





設計事務所【SD】のホームページ
[PR]

by sd_spacedesign | 2008-07-18 14:47 | 自然
2008年 07月 15日

ムクゲ(木槿)

c0121993_5511912.jpg



c0121993_554545.jpg
ムクゲの名は漢名木槿の転音で、一名モクゲキハチスとも呼ばれ
中国、インドが原産で、大韓民国の国花になっている。
韓国の象徴とされ、国章にも意匠化され、日本にも古く渡来し生垣に
用いられた。枝の繊維が強いので製紙の原料として、山陰地方では
製紙用に栽培しているところもある。

夏から秋にかけ赤、白、紫などの美しい花つけ朝方に花が開き、夕方
にはしぼんでしまう一日花で、花期が長いため朝鮮語では”無窮花”
(むきゅうか・ムグンファ)と呼ばれる。

















c0121993_5542548.jpg
    芭蕉 作
     ”道のべの木槿は馬に喰われたり”


















設計事務所【SD】のホームページ
[PR]

by sd_spacedesign | 2008-07-15 15:16 | 自然
2008年 07月 14日

欠陥住宅被害東海ネットの活動

c0121993_6135857.jpg
欠陥住宅被害東海ネットでは、毎月の活動として例会を
開催し、鑑定書の研究会をたちあげ活動しています。

2006年12月21日の例会で、私は以前 住宅メーカー
に勤務していましたので”住宅メーカーについて”のお話を
させて頂きました。


設計事務所【SD】のホームページ
[PR]

by sd_spacedesign | 2008-07-14 15:17 | 活動
2008年 07月 07日

欠陥住宅被害東海ネット

c0121993_15513820.jpgc0121993_15515123.jpg



















欠陥住宅被害東海ネット
    代表幹事 織田幸二
    事務局長 石川真司
    
    事務局:〒460-0001
          愛知県名古屋市中区三の丸1-13-6
          大和丸の内ビル6F 中京法律事務所
          TEL052・231・5532
          FAX052・221・7585

この会は下記の趣旨で設立され、活発な活動を続けています。

欠陥住宅東海ネットは欠陥住宅の予防と回復を目的として、1999年11月に設立されました。
欠陥住宅被害は、住宅施工業者の技術の低下、重層的下請け構造、工事監理不在という
構造的原因から発生しているものであるにもかかわらず、その根本的対策はいまだとられていません。
1995年1月の阪神・淡路大震災を契機として、欠陥住宅問題の深刻さが明らかになり、
このような欠陥住宅被害の防止を目的として、1996年12月、一般市民、建築士、研究者、
弁護士が結集し欠陥住宅被害全国連絡協議会(略称:欠陥住宅全国ネット)が結成
されました。
その後、全国各地で地域ネットが結成され、被害回復のための活動に取り組んできました。
東海地方においても、欠陥住宅被害の予防」と回復を具体的に実現するため、活動を続けて
います。




c0121993_15521570.jpgc0121993_15523075.jpg
















設計事務所【SD】のホームページ
[PR]

by sd_spacedesign | 2008-07-07 15:44 | 活動
2008年 07月 05日

欠陥住宅110番

c0121993_15301743.jpg

毎年 恒例の電話相談会
欠陥住宅110番が下記で開催されました。

主催:欠陥住宅全国ネット
    
    欠陥住宅被害東海ネット
    代表幹事 織田幸二
    事務局長 石川真司
    
    事務局:〒460-0001
          愛知県名古屋市中区三の丸1-13-6
          大和丸の内ビル6F 中京法律事務所
          TEL052・231・5532
          FAX052・221・7585

場所:弁護士法人リブレ
    名古屋市中区丸の内3丁目6番41号 リブビル6階
    TEL 052・953・7885

日時:平成20年7月5日(土)
    10時~16時

c0121993_15302951.jpg
設計事務所【SD】のホームページ
[PR]

by sd_spacedesign | 2008-07-05 18:03 | 活動
2008年 07月 02日

フヨウ(芙蓉)

c0121993_1055024.jpg






c0121993_10555242.jpg
晴れた青空のしたに大きく花をつけているフヨウの花を
みると、いかにも清々しいかんじがする。 
昔より美しいひとのたとえにされてきた白い花びらからは
はかなさと、そそとした品を感じる。
花言葉も”しとやかな恋人” ”繊細な美”。

    永機の作
     ”雲白し白き芙蓉の花の上”



スイフヨウ(酔芙蓉)
朝咲きはじめは純白、時間がたつにつれて紅色に変わる
八重咲きの変種があり、酒を飲むと顔色がだんだんと赤みを
帯びてくる様からこの名前がついたと言われています。

日本では平安の頃より人々に愛されてきた花であるが、もとは
アジア地方が産地で中国では古くより栽培されてきました。
蜀の孟俊王はこの花をたいへん好み居城の成都に四十里にも
わたりこの花を植えたと言う文献が残っています。
この花は東洋の名花で、中国から渡来したものらしい。
c0121993_10562171.jpg



設計事務所【SD】のホームページ
[PR]

by sd_spacedesign | 2008-07-02 14:24 | 自然