豊かな住空間 Space Design

sdnomura.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2008年 04月 28日

フジ

c0121993_1132999.jpg

幾筋もの しだれた房状の紫の花をつけた藤棚をみると、
何か雅やかなこころもちになる。
古来より日本人にこよなく愛されてきた上品な花である。

フジは日本産であり、フジ(ノダフジ)とヤマフジの二種が
あります。
フジの花色は紫で、花序が長くしだれて本州・四国・九州
の温暖より暖帯に分布している。
ノダフジ(野田藤)の名は、品種の発祥が大阪市福島区
野田藤の宮にフジが有名であったところからきています。

ヤマフジは淡紫の花で花序はフジに比較して短く本州西部・
四国・九州(暖帯)の産地に自生している。
蔓の巻き方は上から見て右巻きがフジで、左巻きがヤマフジ
である。

フジな花は美しく人の目にとまりやすい・・・・・。

    万葉集にも歌われています。
      藤浪の花は盛りになりにけり平城の都をおもほすや君



c0121993_11322834.jpg

















設計事務所【SD】のホームページ
[PR]

by sd_spacedesign | 2008-04-28 17:35 | 自然
2008年 04月 21日

ハナミズキ

c0121993_135727.jpg

強い春の日差しをうけて、ハナミズキが気持ちよさそうに
風をうけ花びらをふるわせながら咲いています。

ハナミズキはアメリカヤマボウシとも呼ばれています。
1912年 当時の東京市からアメリカのワシントンD.C.
に桜のソメイヨシノを贈りました。その返礼に1915年に
贈られてきたのが始まりです。
この季節には、ワシントンのポトマック河畔に植栽され
賑わっている様子がテレビで報道される事がありました。



c0121993_13584076.jpg




















c0121993_1492842.jpg花色も白からピンク、赤に近いものまでさまざまで
ヤマボウシににているが、まず花をつけ花びらの先端が
くぼんでいる。
庭木や街路樹、庭園に多く植えられています。
ベニハナミズキの向こうに虹が架かっていましたので
さっそく撮りました。




c0121993_13595468.jpg

















設計事務所【SD】のホームページ
[PR]

by sd_spacedesign | 2008-04-21 14:10 | 自然
2008年 04月 16日

チューリップ

c0121993_14483378.jpg

名古屋城に隣接して設けられた名城公園にでかけました。

色あざやかなイエロー、ピンク、ホワイト・・・の大きな花を
頭上に凛と咲いている姿を目にすると、何か気持ちまでも
ひきこまれそうな チューリップは不思議な花です。

チュリップはオランダで17世紀に入りその美しさに植物
愛好家たちは心を奪われ、その人気に投機家が目をつけ 
やがて一般の職人や農民までも現物取引を行い
チューリップ・バブルが起こり社会が大混乱しました。
近世ヨーロッパの三大バブルに数えられています。










c0121993_14571757.jpgc0121993_14573198.jpg


















                      こんな事件を起こしたチューリップは、”人間の飽くなき欲望”
                      とは我かんせずと、陽に向かって花をむけ気持ちよさそうに
                      風をうけこころなしか揺れている。

c0121993_155190.jpgc0121993_1552998.jpg




















設計事務所【SD】のホームページ
[PR]

by sd_spacedesign | 2008-04-16 15:07 | 自然
2008年 04月 14日

伊豆高原 飯田邸が竣工しました

c0121993_13572988.jpg
伊豆という地名をきくと10代の青春時代に読んだ
川端康成の”伊豆の踊子”を連想します。
小説に描かれたシーンが浮かんできて、懐かしさが
こみあげてきます。”雪国” ”古都” 山の音” 
”眠れる美女” そして、たしか”東京の人”も川端作で
あったと記憶しています。
1968年にノーベル文学賞を受賞されています。

伊東市は緑と海につつまれ、椰子の木が林立している
風景を見ていると空気までが熱気をふくんでいるようで、
風が頬に当たり感触が気持ちよい。

住まいは傾斜地に建っています。鉄筋コンクリートの架台
の上に木造をのせています。道路より5メートルくらい高い
ところに1階の床があります。
風がよく通り、お天気のよい日は日差しに包まれたバルコニー
からは緑の向こうに青い海が見えます。




c0121993_13574626.jpg



















設計事務所【SD】のホームページ
[PR]

by sd_spacedesign | 2008-04-14 14:00 | 建築
2008年 04月 08日

春の草花

c0121993_15541727.jpg
あざやかな青紫の花が目にやきついて、はなれません。









c0121993_1554317.jpg



















設計事務所【SD】のホームページ
[PR]

by sd_spacedesign | 2008-04-08 15:47 | 自然
2008年 04月 08日

春の草花

c0121993_15365483.jpgc0121993_15371211.jpg







春の日差しを受けて草花が元気よく咲いています。







設計事務所【SD】のホームページ
[PR]

by sd_spacedesign | 2008-04-08 15:38 | 自然
2008年 04月 07日

ユキヤナギ

葉はちょっと柳に似て花が咲くと雪がふったかのように白々と
咲くので雪柳といわれています。
咲き満ちれば こぼれそうに咲くこの花は本当に見事で、
川縁に咲く光景はまさに春ののどかな風景と言えます。

花が美しく枝の線がおもしろいので、生花の需要が多く
春の花として人々に親しまれています。日本と中国が産地で、
日本では、関東以西で多くは庭園用に栽植され平安時代頃
から愛されていたようです。

落葉の低木で枝は細長く、春に新葉がでると同時に咲き
白色の小花を三より七個傘状につけ、枝上にならび全体的
には穂状になります。


    古泉の作
      ”日は上に盛りあがりたる雪柳”
c0121993_16104878.jpg





設計事務所【SD】のホームページ
[PR]

by sd_spacedesign | 2008-04-07 16:11 | 自然
2008年 04月 05日

レンギョウ

早春葉に先立って開花し黄色四弁の美しい花を
枯木のような枝に無数につけて、花明かりをつくる
連翹のはなは、春の風物詩である。

連翹はもと中国産で、日本へは朝鮮をへて渡来した
ようで薬用として用いられていたが現在は、花木として
栽培されている。
枝条が直上する種類と枝条がはう種類があり、前者は
花木とされ、後者は壁などに はわせ棚づくりにします。

月夜にうつる連翹は、何か幻想的である。

    保吉の作
      ”連翹に水のやうなる月夜かな”

c0121993_10284595.jpg




設計事務所【SD】のホームページ
[PR]

by sd_spacedesign | 2008-04-05 10:29 | 自然
2008年 04月 04日

サクラ

c0121993_10571329.jpg

先月の月末に三重の久居に行きました折りには、
桜はまだ蕾みでした。我が地域の春日井の坂下
では、近くの内津川のどての桜の花は五分咲き
になっていました。

桜の花が咲いて春爛漫の日本の春が展開します。
桜前線の様子がテレビで毎日放映されて賑やかなこと。
日本には、桜がたくさん自生して種類も多くヤマザクラ、
オオシマザクラ、ソメイヨシノ,ヒガンザクラと品種が多い。

ヤマザクラは桜のなかで最も気品に富んだ桜で、
ソメイヨシノは全国の公園に咲く桜の八割を占めて
賑やかにさいています。
ヤエザクラはサトザクラの一品種で晩春わかざります

    真淵の作
      ”うらうらとのどけき春の心より匂ひいでたる山さくら花”
c0121993_11133457.jpg




設計事務所【SD】のホームページ
[PR]

by sd_spacedesign | 2008-04-04 10:58 | 自然
2008年 04月 03日

モモ

梅が咲き桜には まだ早い時期に桃はその間を縫うように
咲いています。

桃はもと中国産で古く日本に渡来し、花色は淡紅色の桃色
であるが品種によって桃色も白色もある。
中国の古代の民族思想には、この桃に邪気をはらう性が
あるとして三月の節句の桃酒や桃の花をかざる風習もここ
からきている。

桃の花は古事記や万葉集にもうたわれています。

    大伴の家持の作
      ”春の苑くれなゐにほふ桃の花下照る道に出で立つ乙女”

c0121993_19184065.jpg






設計事務所【SD】のホームページ
[PR]

by sd_spacedesign | 2008-04-03 11:55 | 自然