豊かな住空間 Space Design

sdnomura.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:他( 1 )


2010年 01月 29日

名古屋城

c0121993_18122691.jpgc0121993_18124476.jpg


















c0121993_18132289.jpg
名古屋城が堅固な石垣の上に静かに佇んでいます。
清洲城は長らく尾張の中心であったが関ヶ原の合戦以降、政治情勢の変化や水害に弱い清洲の
地の利のよくないことがもとで徳川家康は1609年(慶長14年)に九男義直の尾張藩の居城として
城を名古屋に築くことになった。
1610年(慶長15年)、西国諸大名の助役による天下普請で築城が開始された。

伊勢音頭には”伊勢は津で持つ、津は伊勢で持つ、尾張名古屋は城で持つ”と歌われているが
名古屋城は大坂城、熊本城とともに日本三名城に数えられている。徳川家康が九男義直のために
織田信長誕生の城とされる那古野城(なごやじょう)の跡周辺に天下普請によって築城された。
以降は、尾張徳川家17代の居城として徳川御三家の一つであり明治まで使われてきた。

天守は地元商店街の尽力や全国からの寄付により1959年(昭和34年)に再建されて、復元された
金鯱とともに名古屋市のシンボルとなっている。大天守に上げられた金の鯱(金鯱(きんこ))は、城
だけでなく名古屋の町の象徴にもなっている。
戦後、三の丸を除く城址は、北東にあった低湿地跡と併せ名城公園とされた。
園内には、戦災を免れた3つの櫓と3つの門、二の丸庭園の一部が保存された。
また、一部の堀を埋め立て大小天守や櫓、御殿の一部は昭和初期まで現存していたが名古屋大空襲
(1945年)によって天守群と御殿を焼失した。
戦後、天守などが復元され現在の城跡は名城公園として
整備されている。

c0121993_18134842.jpg
普請奉行
作事奉行
石垣は諸大名の分担によって築かれた。
天守台石垣は中でも最も高度な技術を要し、加藤清正
その任にあたり築いた。
石垣の石は遠方からも取り寄せられ篠島の海岸には
海岸にある石を削り取ろうとした傷跡が残っている。
大変な工事を当時行われていた事が偲ばれます。

天守は作事奉行の小堀政一が任ぜられたと、伝えられ
1612年(慶長17年)までに大天守が完成する。




設計事務所【SD】のホームページ
[PR]

by sd_spacedesign | 2010-01-29 15:50 |