豊かな住空間 Space Design

sdnomura.exblog.jp
ブログトップ
2008年 07月 02日

フヨウ(芙蓉)

c0121993_1055024.jpg






c0121993_10555242.jpg
晴れた青空のしたに大きく花をつけているフヨウの花を
みると、いかにも清々しいかんじがする。 
昔より美しいひとのたとえにされてきた白い花びらからは
はかなさと、そそとした品を感じる。
花言葉も”しとやかな恋人” ”繊細な美”。

    永機の作
     ”雲白し白き芙蓉の花の上”



スイフヨウ(酔芙蓉)
朝咲きはじめは純白、時間がたつにつれて紅色に変わる
八重咲きの変種があり、酒を飲むと顔色がだんだんと赤みを
帯びてくる様からこの名前がついたと言われています。

日本では平安の頃より人々に愛されてきた花であるが、もとは
アジア地方が産地で中国では古くより栽培されてきました。
蜀の孟俊王はこの花をたいへん好み居城の成都に四十里にも
わたりこの花を植えたと言う文献が残っています。
この花は東洋の名花で、中国から渡来したものらしい。
c0121993_10562171.jpg



設計事務所【SD】のホームページ
[PR]

by sd_spacedesign | 2008-07-02 14:24 | 自然


<< 欠陥住宅110番      クチナシ(梔子) >>